Event is FINISHED

デジタル・ガバメントDays 2019 【Day3】「デザイン経営」とは何か。-みんなで考えるデザインと経営の新しいカタチー

Description

「デザイン経営」とは何か 
-みんなで考えるデザインと経営の新しいカタチー


経済産業省と特許庁は2018年5月に「デザイン経営宣言」を発表しました。
デザイン経営とはデザインを活用した経営手法であり、ブランド力向上やイノベーション力向上、ひいては企業競争力の強化に寄与するとされています。
この宣言を踏まえ、特許庁では今年度、企業や行政機関におけるデザインの活用に向けた取組を調査し、デザインの有用性についての理解を拡げるため、「我が国のデザイン経営に関する調査研究」を実施しています。


経営にとってのデザインの真の価値とは何か。

なぜ日本ではデザインの活用が進まないのか。

今後、日本ではデザインとどう向き合っていくべきなのか。


本イベントでは、意見交換システムSlidoを利用し、聴衆と登壇者がリアルタイムでコミュニケーションをとりながら、インタラクティブにデザインと経営について考えていきます。

【司会進行】
若林 恵(Kei Wakabayashi)
編集者・ライター
1971年生まれ。ロンドン、ニューヨークで幼少期を過ごす。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業後、平凡社に入社、月刊『太陽』を担当。2000年にフリー編集者として独立し、以後、雑誌、書籍、展覧会の図録などの編集を多数手がける。音楽ジャーナリストとしても活動。2012年に『WIRED』日本版編集長に就任。2017年退任。2018年、黒鳥社(blkswn publishers)設立。



【登壇者】
外山 雅暁(Masatoki Toyama)
特許庁 デザイン経営プロジェクト



田仲 薫(Kaoru Tanaka)
IDEO Tokyo
Director
経済産業省・特許庁発表「デザイン経営宣言」はこちら


◆本イベントに関するお問い合わせ◆
一般社団法人行政情報システム研究所 調査普及部 DG Days2019担当まで
電話  03-3500-1121
メール adp@iais.or.jp


一般社団法人行政情報システム研究所について
Institute of Administrative Information Systems

1964年、当時まだコンピューターが「電算機」と呼ばれていた時代、AISはテクノロジーで行政事務の効率化を実現することを目的に発足しました。現在、デジタル・ガバメントの実現は各国において重要な国家目標となっています。AISは行政情報化を推進する専門機関として、デジタル・ガバメントの実現に向け、デジタル技術の活用、データの利活用、デザイン思考の導入の「3つのD」を中心に、行政の情報化・デジタル・ガバメントの実現及びこれに伴う社会の発展に貢献するため、各種事業に取り組み続けています。

AISウェブサイト https://www.iais.or.jp/





Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#474216 2019-09-19 05:25:02
Wed Oct 9, 2019
4:00 PM - 6:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
10/9【Day3】「デザイン経営」とは何か。ーみんなで考えるデザインと経営の新しいカタチー FULL
Venue Address
千代田区日比谷公園1−4 Japan
Organizer
一般社団法人行政情報システム研究所(AIS)
179 Followers